不動産取引Q&A

地目が雑種地の土地の価格はいくらぐらいですか。
土地を個人取引で売却したいと思っていますが価格をいくらにしたらよいか見当がつきません。雑種地の場合、評価価格の何倍ぐらいで売買するのですか? いろんな条件で変化すると思いますが、大体何倍ぐらいですか。
始めに評価額についてですが、土地の地目によって固定資産評価額が決まってい るわけではありません。山林や雑種地であっても宅地並評価されている地域もあ ります。 また、市町村役場も土地の一筆一筆を確認して評価しているわけではあり ませんから、実勢価格とそれほど差がなかったり、何十分の一であったり、かなりの違 いがあります。 不動産業者はまったくといってよいほど、ほとんど査定価格の参考にすることはありません。
不動産業者が実際に売り物件の価格査定をするときは、近くの売買事例を参考に 道路、地勢、形、日当たり、生活の至便性など、その他十数目にわたって比較検 討して決めますが、それでも適正価格かどうかは十分ではありません。価格には 売主の考え方や、また買主の好みとか使用目的、景気の動向と資産購入のムードなどいろんな要素が絡み合っ て決まるもので、安い高いの感覚は売主と買主とではかなり違ってきます。したがって不動産業者が価格のアドバ イスをするのは売主に対しての参考程度(これぐらいにしないと売れないよ−いう意味)と考えるべきで、やはりご自身でチラシや固定資産評価額、公示地価、基準地価などを参考に決定されるのが望ましいと思います。
ちなみに不動産価格を算定してくれる不動産鑑定士という仕事がありますが、一般に行政や法人等が大規模な用地買収を行う場合や国土交通省の公示地価や都道府県庁の基準地価を算定する場合に利用されており、普通の不動産売買で利用することはほとんどありません。