不動産取引Q&A

自己所有の土地の売却を不動産業者に依頼しているのですが、なかなか売れないので平行して自分で相手を見つけて個人で売却したいと思っています。このような場合、不動産業者とは契約違反になりませんか。
原則として契約違反にはなりません。
不動産業者との媒介契約の種類が一般媒介契約または専任媒介契約になっている場合は、自分で買い手を見つけて契約することができます。ただし、契約の種類が専属専任媒介契約の場合は、自分で見つけた相手であっても、契約は不動産業者に依頼しなくてはなりません。
なお、契約後3ヶ月(契約期間)を過ぎて更新しなかった場合は、不動産業者を通さなければならない義務はありません。

一般的に業者にとって特別に売りやすい物件は専属専任媒介契約を薦められますが、定期的な報告義務があるなど業務の煩雑さを嫌い、一般媒介契約にする場合がほとんどです。
個人取引を行う場合は、媒介契約書の表題に書かれている契約の種別を確認してから行ってください。