不動産取引Q&A

個人間で直接不動産を売買するのは法律違反になりませんか。
法律違反にはなりません。
宅地建物取引業の免許を必要とする「宅地建物取引業」とは宅地建物取引業法という法律によって以下の様に定められています。
第一章 第二条の二 宅地建物取引業
 宅地若しくは建物の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは賃貸の代理若しくは媒介をする行為で業として行うものをいう。
とされており、「業として行う」とは、不特定多数の者のために反復継続して行う行為と解釈されていますので、反復継続しないかぎり個人が自己の不動産を売却したり、個人が直接売主から購入することは法律違反にはなりません。