不動産取引Q&A

登記人が複数の場合はどうすれば。
売買契約において登記名義人が複数の場合は名義人全員がその場に立ち会い、契約書に押印する必要があります。
原則として登記名義人が複数のときは、共有名義人全員が契約の場に一緒に出席しますが、都合でそれができない場合は、売買契約書に「契約書に押印すること」「代金の受領」など委任内容を記載した 委任状を添付すると間違いが起こりません。 事前にそのことを両者で決めておきます。