不動産取引Q&A

古家を購入予定しているが登記されていません。
別荘や田舎の家屋には所有権保存登記がなされていない物件があります。このような物件はそれが本当に売主といっている人の所有物か、購入しても所有権の移転ができないのではないかと心配になります。
このような場合、一般的に所有者だと認識できる方法として、行政の固定資産台帳を閲覧することよって知ることができます。
固定資産台帳は登記の有無に関わらず調査され固定資産課税標準額として記録されているからです。
このような物件を売買するときの所有権の移転登記は原則として、いったん売主の名義で保存登記をして 、しかる後に買主名義に移転登記しなければならないことになっています。(別 のやり方もある)
移転登記は費用も掛かるし、第三者にとやかくされる恐れも無いのでという場合には所有権を移動するときに、譲渡者と譲受者の共同で「家屋譲渡申告書」を行政に提出すれば固定資産台帳の納税者の名義が譲受者に変更されます。
これによって一応、買主がその建物の所有者であるということが一般的に明示される ことになりますが、法律上は第三者に対する対抗要件とはなり得ないので注意して下さい。