田舎不動産の取引基礎知識
田舎暮らしはエコライフ
TOP>誰にでもできる個人売買>

誰にでもできる個人売買

宅地建物取引業の免許を必要とする「宅地建物取引業」とは宅地建物取引業法によって、宅地若しくは建物の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは賃貸の代理若しくは媒介をする行為で業として行うものをいう。とされており、個人が自己の不動産を売却したり、個人が直接に売主から購入することは法律違反にはなりません。


個人売買のススメ

仲介取引の弊害の排除
上手に買うには
上手に売るには
個人取引不動産の購入手順
個人取引不動産の売却手順
空き家の売却でお困りの方へ

<制作・著作> エコライフ住友