田舎不動産取引基礎知識知って得する不動産取引の基礎知識>実践!田舎不動産用語

知って得する不動産取引の基礎知識−実践!田舎不動産用語 実践! 田舎不動産用語

インターネット上には多くの不動産用語集がありますが、ここでの説明はできるだけ専門的な言葉や例外的な事は省いて平易で解りやすくしています。したがって、専門的で詳細な内容を必要とする場合は、専門書等を参照してください。

【アウトレットマンション】
【青線】
【赤道】
【アスベスト】
【位置指定道路】
【印紙税(不動産売買契約書の)】
【瑕疵担保責任】
【仮契約】
【仮登記】
【既存不適格建築】
【クーリング・オフ】
【現況有姿売買】
【建築確認申請】
【権利書】
【公示地価】
【公図】
【公租公課】
【国土調査】
【サービスルーム】
【指し値】
【さらし物件】
【更地】
【市街化調整区域】
【重要事項説明書】
【事故物件】
【消費税(不動産に関する)】
【水道引き込み可】
【セットバック】
【接道義務】
【千三つ屋】
【宅地並評価】
【宅地建物取引業】
【建物プラン付き売地】
【地積測量図】
【地目】
【中間省略登記】
【手付け金】
【登記印紙と登録免許税】
【登記済証(=権利書)】
【都市計画区域外】
【媒介契約】
【表示登記】
【法17条地図】
【保存登記】
【未(非)線引き区域】
【みなし道路】
【申込(証拠)金】
【用悪水路】
【リノベーション】
【リバースモーゲージ】
   


<制作・著作> エコライフ住友

このページのTOPへ