知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
水道引込み可 広告
重要事項説明書
設備の現況
普通
解説
  不動産広告の「設備」の項目に電気・ガスなどと一緒に「公営水道引き込み可」というのがあります。 ただ単に「公営水道」と書いてあるのとどう違うのでしょうか。
一般に敷地の前面の道路に水道管が埋設されていて、あとは敷地内への引き込み工事だけすればよいものを単に「公営水道」と記載しています。
 それに対して「公営水道引き込み」と書いてある場合は、 前面道路に水道の配管が埋設されてなく、離れたところから自己負担で水道管を埋設して引き込むことができる場合のことをいう場合が多く、 工事費が過大になる恐れがあるので、要注意です。

 ちなみにすでに敷地内に引き込み工事が済んでいて、 メーターや止水栓が設備されている場合も単に「公営水道」または「公営水道引き込み済み」と記載しています。 この場合でも通常「加入分担金」は別途必要になります。