知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
権利書(証) 契約
重要
解説
 不動産売買において最も頻繁に出てくる言葉に「権利書(証)」がありますが、 法律上の用語ではないなど解っているようで解っていないのではないでしょうか。
 一般に「権利書」といっている書類は不動産の登記において、法務局で作成される「登記済証」のことで、 通常、売買契約の時に司法書士に依頼して、登記申請するとき作成する「不動産売渡証」を登記原因を証する書面 (これを登記原因証書という)として登記申請書に添付して法務局に提出し、 「登記済」の印鑑が押されて戻されたものをいいます。

 一方、不動産を売却するときには登記義務者の人違いやその者の真意によって申請がなされたものかを確認し、 不正な登記を防止するために「登記済証」を登記申請書に添付して提出する必要があり、したがって紛失しても再発行はできないことになっています。

 登記済証を紛失したときにはこの登記済証に代えて保証人二人が登記義務者の人違いでないことを 保証した書面いわゆる「保証書」を添付すればよいことになっており、悪意の他人が印鑑と印鑑証明書を手に入れれば所有権の移転登記を行うことができることから、 「権利書」は万能では無いということも留意しておかなければなりません。

注.不動産登記法の改正(施行日平成17年3月7日)にともなうオンライン指定登記所では、登記済証制度が廃止され新たに登記識別情報の提供制度が新設されました。オンライン化されていない未指定登記所では従来の書面による申請が認められていることから、当面、二つの申請方法があります。
また、この法改正にともなって全ての法務局で保証書制度が廃止されて新たな事前通知制度が導入されています。詳しくは司法書士にご相談下さい。