知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
中間省略登記 重要事項説明書
登記簿の記載事項
重要
解説
 不動産の売買を行ったときは、通常、登記簿上の名義人売り主ですが、 必ずしも売り主と登記名義人が一致するとは限りません。
 たとえば登記名義人Aさんの土地をBさんが購入し、その後Bさんが売り主となってCさんへ転売した場合に、 AさんからCさんに直接、所有権の移転登記をする場合があります。本来ならばBさんに所有権の移転登記をしたあとCさんに所有権の移転登記をしますが、 Bさんの登録免許税等の節約(?)を目的に行われる場合があります。
 物権の変動は当事者の意思に基づくとする意思主義を採っている日本では、原則として判例もその有効性を認めています。
 また物件説明書(重要事項説明書)では登記簿上の所有者と売り主の名前が違っている場合に、その理由が記載されています。
 この場合購入者Cさんは、売り主Bさんが現在の所有者であることを確認するため売買契約書を見せてもらうとか、 印鑑証明付きのAさんの確認書を添付してもらうなどすればよいと思います。
 ただし、このような場合であっても当然のことながら、Bさんは不動産取得税や譲渡所得の申告はしなければなりません。