知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
接道義務と
セットバック
重要事項説明書
都市計画法
建築基準法
重要
解説
 建築基準法では都市計画区域内の建築物の敷地は、幅員4メートル以上の道路に 2メートル以上接しなければならない という接道義務があります。
 この規定の中において、道路の幅員が4メートル未満でもその地域が都市計画区域に指定されたときに、 現に道路(公道・私道を問わず)があって建物が建ち並んでいた場合は建物が建てられます。
 この場合、道路の中心線から2メートル後退した線が道路と敷地の境界とみなされます。 この後退する部分のことを通称「セットバック」といいます。 なお、道の向かい側が、崖地、川、線路敷等の場合は中心線からでなく向かい側の道の境界線から4メートルの位置となります。
 このような道路のことをいわゆる2項道路といい、特定行政庁が指定しています。そして後退した部分は敷地面積とは 認められず建坪率・容積率においても差し引いて計算し、 建物はもちろん塀なども築造することはできません
 このほか、都市計画区域内外を問わず、道路の拡幅計画等があって、敷地の道路側の部分が拡幅部分に提供される時なども、 その部分を「セットバック」という場合があります。