知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
公 図 重要事項説明書
現地説明

不動産の位置等
を示す添付資料
重要
解説
 公図というのは旧土地台帳法によって規定されていた「土地台帳付属地図」のことをいい、すべてではありませんが法務局に備えられています。 各筆の土地の位置、形状、地番、道路や隣地境界との関係などの概略を知ることができますが、 必ずしも現地を正確に表示しているわけではありませんので、無条件で信頼するのは危険です。
 公図は不正確な場合もあり得るということを念頭に置いておくべきで、特に田舎のそれは、 形状や面積はほとんど信頼性は無いといっても言い過ぎではありません。せいぜい位置関係を把握するのに使用できる程度(と言っても不動産取引ではそれが一番大切ですが)と考えた方が良いでしょう。
 また、公図は各市町村の税務課等でも、常に法務局と同時に現状修正されていて閲覧することができます。ただ、まったく備えていない市町村もありますのでご注意下さい。

 現在では登記所には国土調査法により調査作成された正確な地図である17条地図(不動産登記法第17条に 規定があるのでこのようにいいます。)が備えられることになっていますが、 この地図の整備がまだ完了していないところは公図しかありません。
 なお、境界杭が滅失してハッキリしなくなっていても国土調査が完了していると、 基準点の杭が打たれていますので、比較的簡単に境界杭を復元することができます。