知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
仮登記 不動産登記法
重要事項説明

登記簿に記載された事項
重要
解説
 仮登記とは、本登記をするための手続上の用件が整っていない場合などに将来なされるべき本登記のために、 あらかじめ順位を保全するためにする登記で、一般的なのが農地法での知事の許可を必要とする場合など登記原因について第三者の許可、同意、 承諾を要する場合にその許可や同意が得られるまでの期間、仮登記をしておきます。
 仮登記は、そのままでは権利の変動を第三者に対抗するための効力(対抗力)は無く、 単にその順位を確保する効力(順位保全の効力)があるだけで、後日、その仮登記に基づく本登記をすることによってはじめて第三者対抗力をもつことになります。