知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
みなし道路 重要事項説明
敷地と道路との関係による制限等
重要
解説
 建築基準法では建物の敷地は道路に2m以上接していなければならないと規定されていますが、 その道路についての定義が建築基準法第42条に規定があります。
 この中で道路とは、原則として公道などで幅4m以上のものをいいますが、 この規定の適用前からある道路で特定行政庁が指定したものは、幅4m未満であっても道路とみなされます。
これを「みなし道路」 または42条の2項に規定されていることから「2項道路」ともいいます。
そして第3項において、その場合はその道路の中心線から2m(3mの場合もある)の線をその道路の境界線と みなされることが規定されています。
 そこで大切なのは、中心線から2m(または3m)下がったところから敷地面積を計算して、 建坪率や容積率の基準が満たされているかどうかを検討しなければなりません。