知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
地目 売買契約書
重要事項説明書

物件の表示
登記簿の記載事
重要
解説
地目は土地の主たる用途により不動産登記法施行令(第3条)で定められており、山林や原野のほか宅地、雑種地、田、畑、牧場、公衆用道路など 21種類に区分されています。
田、畑、牧場などは農地法により、公衆用道路は道路法によりその使用が制限されて いますが、山林や原野、雑種地などは建築基準法上の制限はないのでそのままで 家を建てることができます。 ただし、急傾斜地や保安林など別の法律で制限されていることもあります。

ちなみに土地の地目は山林のままのほうが固定資産税が安いって本当?
家を建てた場合は地目が山林でも固定資産評価額は宅地並み評価され、固定資産税も宅地並みの税金が掛かってきます。
でも、地目変更すると登記費用が必要になるので、家を建てたからといってわ ざわざ地目変更をする必要もありません。但し、銀行ローンなど地目が宅地でな いと融資がされない場合もあるようです。