知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
媒介契約 売買契約・媒介契約書
宅地建物取引業法
重要
解説
不動産の売買や交換の仲介を依頼することをいい、媒介契約には専属専任媒介契約、専任媒介契約及び一般媒介契約の三種類があります。
売買や交換の依頼を受けた不動産業者は依頼主との間でいずれかの媒介契約を締結し書面を交付しなければなりません。主な違いは下記の通りです。
・専属専任媒介契約・・・この契約は他の不動産業者に媒介を重ねて依頼することができません。また、自分で見つけた相手方と契約を締結することもできません。
・専任媒介契約・・・・・・この契約も他の不動産業者に媒介を重ねて依頼することはできませんが、
自分で売買の相手方を見つけて契約を締結することができます。
・一般媒介契約・・・・・・この契約は他の複数の不動産業者に媒介を重ねて依頼することができます。また、自分で売買の相手方を見つけて契約を締結することができます。
(参照 一般媒介契約書の記入例)

仲介(媒介)手数料については、「その他の費用」の「仲介(媒介)手数料」をご覧ください。