知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
重要事項説明書 売買契約
重要
解説
宅地建物取引業法第35条では、宅地建物取引業者は、不動産取引において取引の相手方に対し物件に関する法律関係、 その他必要な事項について書面を交付して説明することを義務付けています。
この書面のことを重要事項説明書または物件説明書といい不動産業者は売買契約書に署名する前にこれを説明しなければなりません。
 個人売買では一般にこの書類が作成されることはありません。したがって購入者は念入りな物件調査が特に重要となります。
 免許を受けていないブローカーやいわゆる知人の紹介というかたちでの不動産取引も、宅建業法による縛りがないため、重要事項説明書はつくられません。したがって各種法律の建築規制などは知識不足から調査・説明が不十分な場合が多く、取引後トラブルになるケースがあります。