知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
公租公課 売買契約書
重要
解説
固定資産税や都市計画税などの租税と水道料金や電気料金などのいわゆる公共料金等をいう。
不動産売買では、いつからいつまでの分を売主負担、残りを買主負担とするなど負担する期間の取り決めを売主と買主が合議し明確に売買契約書に記載しておきます。
そして一般に関東では1月1日を関西では4月1日を起算日としているようです。