知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
さらし物件
解説
 物件情報としては多くの業者に知れ渡っているものの、長期間、問い合わせも無く売れない状態が続いてどの業者も相手にしない、いわば「さらしもの」となっている物件のことを一部の業者の間で「さらし物件」といっています。 業者は積極的にお客様に紹介することもなくただ預かっているだけで、当然、チラシ広告などで探しているお客様も敬遠することになります。売り主としては、そうなる前にまずは業者に関心を持って貰うように売却価格を下げることも考える必要があります。