知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
指し値 普通
解説
 本来、株式などの取引所において、価格を指定して売買注文を出すことをいう。インターネットオークションなどでは、この価格までなら購入してもよいと思われる価格で入札をかけることを示す言葉としても使われる。
 不動産売買では売主指定価格を出値(だしね)、買主指定価格を指値(さしね)と区別している。買い主が出す指し値はいわゆる値引き交渉と考えて差し支えない。