知っていると得する実践!不動産用語 

用 語 よく使われるところ 重要度
リノベーション パンフレット 普通
解説
 経年劣化した既存の建物を時代の変化にあわせ、建て替えずに耐震対策や耐久性などの機能・性能を向上させることをリノベーションといっています。 これに対してリフォームはキッチンを取り替えたり、クロスを張り替えたり、現状回復をベースとした修復の場合をいい、リノベーションは建築物の資産価値も高める大規模なリフォームといえます。ちなみに古民家の柱や梁をそのままに改装する古民家再生も現代風にいうとリノベーション。
 最近はスケルトンリフォームなどといって建物構造だけを残し、内装や設備機器を新たに設けるリフォーム方法も行われているようです。

このようにリフォームとリノベーションには明確な区分というものはなく、不動産業者のパンフレットなどに記載されている場合は、「○○を取り替えた」とかのようにどこをどのようにしたかを文書(重要事項説明書等)で求めるようにしたほうが後のトラブルを避けることができます。