田舎不動産の取引基礎知識
田舎暮らしはエコライフ
田舎不動産取引基礎知識

知って得する不動産取引の基礎知識

民法では、契約は当事者の意志表示が合致することによって成立することになっています。不動産取引では、後日の紛争を回避するため契約の内容を記録し証拠として残しておくことを目的に不動産売買契約書を作成します。
物件に関する法律関係や建物の概況およびその他重要な事柄については仲介取引では不動産業者が「重要事項説明書」で説明することとなっていますが、 個人取引では、これらの基礎的な知識はすべて当事者の責任に於いて調査し、 納得してから売買する必要があります。

不動産売買契約書の読み方
重要事項説明書の読み方
仲介取引不動産の購入手順
仲介取引不動産の売却手順
媒介契約書の見方/購入編
媒介契約書の見方/売却編
田舎不動産の物件調査
これだけは必要!特約条項
田舎の不動産価格
購入に係わるその他の費用
売却に係わるその他の費用
不動産法律ミニ知識
田舎不動産を探す
実践!田舎不動産用語



<制作・著作> エコライフ住友