田舎不動産取引基礎知識誰にでも出来る不動産取引の個人売買>売り主物件を探せ

誰にでもできる不動産取引の個人売買−個人売主物件を探せ その物件、ほんとに個人直売ですか?


田舎暮らし物件は、主にインターネットサイトや田舎暮らしをテーマにした雑誌・書籍などの不動産情報から探すことができます。
 ただ、個人売買を謳ったサイトの売り主物件は不動産業者や建売業者が売り主の物件で、本来の個人直売といえる物件はほとんどありません。これらはもともと不動産価格に手数料分を上乗せしています。なぜなら自社で売却できなかった場合に他の業者による仲介を想定しているからです。自社の社員を売主にして手数料不要としている場合も、その分、上乗せされています。
 当然といえば当然のことで営利を目的とする企業が手数料が入らない個人直売物件の紹介をする筈はなく、「個人売買物件」と謳っている多くの場合は媒介契約へ誘導していく手段であったり、あるいは取引サポート等の名目で何らかの手数料を必要とするのが一般的です。

このサイトの掲示板で掲載している不動産物件情報は全て個人が売主(不動産業者以外の個人事業主・法人を含みます)の物件です。「個人売買」を謳った他のサイトで見られるような不動産業者や建て売り業者が売り主の物件は含まれていません。
登録できる方と登録できない方を次のようにの規定しています。その上で登録内容を厳密にチェックし、不動産業者や建売業者および不動産ブローカー等の登録と思われる物件の排除に努めています。
  • 登録できる方
    ・物件所有者ご本人に限り登録することができます。ただし、売買が成立した場合に、所有者の代理人として契約事務及び代金の受け取りを委任される親族および後見人の方に限り、代理登録が可能です。
    ・不動産業者や建売業者および金融業者以外のその他の法人と事業者の自社物件及び市町村が地域活性化のためにする物件の登録
  • 登録をお断りする方
    ・不動産業者、建設業者および不動産ブローカー(別荘の管理人様等を含む)等の方の登録
    ・複数の物件を繰り返し登録するなど宅建業法に抵触するおそれがあると思われる場合は個人てあっても登録できません。
仲介手数料0円
 本サイトは個人が無償で運営しているボランティアサイトです。取引が成立した場合の仲介手数料や掲載料等は一切不要です。また成約時の報告の義務もありません。ただ掲載削除連絡をしていただければOKです。

業者売主物件は無し
  「個人直売」を謳ったサイトの中には不動産業者が売主の物件が多数含まれています。本サイトは普通の売りたい人と普通の買いたい人を直接、結ぶためのサイトです。不動産業者が売り主の物件はありません。
不動産業会社やブローカーの登録はお断りしています。 登録内容を厳密にチェックして不動産業者やブローカーの物件と思われる場合は掲載をお断りしています。

仲介手数料を含む価格設定
 不動産業者が売主の「売主物件」の場合は、手数料不要と謳っていても、他社で仲介される場合を考慮し、手数料分を含めた価格が設定されています。(名目上、手数料という表現をしないことによる有利さを強調。新築マンションなども販売担当業者の手数料が包含されています。)

消費税不要
 個人が所有する不動産は、いわゆる「商品」ではありませんから売却による消費税は掛かりません。
 注意:不動産業者や建設業者等が売り主の場合は、中古物件でも「商品」ですから消費税が必要です。

登記は司法書士におまかせ
 不動産取引の最後の仕上げ(登記手続き)は司法書士に依頼されることをお奨めします。同時に決済と物件引き渡しに司法書士の立ち会いを求めればさらに安心です。

不動産取引を個人売買でおこなうのは法律違反ではありません
宅地建物取引業の免許を必要とする「宅地建物取引業」とは、宅地建物取引業法によって宅地若しくは建物の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは賃貸の代理若しくは媒介をする行為で業として行うものをいう。とされており、「業として行う」とは、不特定多数の者のために反復継続して行う行為をいい、反復継続しないかぎり個人が自己の不動産を売却したり、個人が直接売主から購入することは法律違反にはなりません。

個人売買物件を掲載している雑誌などでは売り主は掲載費用が必要になる場合があります。



<制作・著作> エコライフ住友

このページのTOPへ