不動産トラブル相談事例 トラブルTOP こうして起きる13ヶ条 自分だけは大丈夫? 相談機関 事例1 事例2 事例3 事例4 事例5 事例6 事例7
本当にあった不動産トラブル相談事例 5
(重要事項説明書と物件調査に関すること)

重要事項の説明と物件調査に関すること
購入した土地は地滑り区域に指定されていた
購入した土地に水路管が埋設されていた
大雨の時に隣接する用水路があふれ床上浸水
契約時には無かった電柱がいつのまにか立っていた
古井戸が・・・霊感の強い私にとって人生がどん底状態
位置指定道路の記載はあるが詳しい説明が無い
購入した中古住宅の擁壁が市道へ越境していた
浄化槽が隣家と共同使用になっていた
敷地内にある電信柱を移動する約束が反故に
モデルルームを未使用といって買わされた
監督官庁から是正命令を受ける可能性が
南向きの部屋の筈が北向き
「サービスルーム」を「居室」として販売
私道の説明が違う
ペット可能が実際はペット不可
間取りがチラシと違う
電波障害は無いといわれたのに
隣家を通行しないと車が駐車場に入れない
敷地の一部が計画道路に掛かっていた
引き渡し後に境界杭を測量して復元しろと
物件までの所要時間を騙して販売する
調査不十分でいい加減な重要事項説明書
容積率を過少説明され、二世帯住宅を断念
排水の放流先が他人の竹林
購入した土地の出入り口(通路)は他人の土地
不適合建築物(?)のため銀行から融資が受けられない
戸建て分譲住宅なのに不動産会社から管理費



警告:本ページの内容は全て当HPに寄せられた本当にあった相談です。コピーし、転載し、またはその他の商行為等に利用することを禁止します。転載しているサイトは直ちに削除してください。