不動産トラブルTOP売買契約書に関することTR108
■売主との交渉を建築屋にまかせた結果
 購入契約した土地の銀行ローンの決定が遅れ支払が期日に間に合わなくなったため、私が取引する建築屋さんにお願いして、契約書 の変更なしで、支払い期限を延ばして頂きました。 その間、売主の不動産屋からその建築屋さんに再三連絡を取られたみたいで建築屋さんの連絡がなく、その後どうなっているんだとの答えに対しては建築屋さんは何も連絡していなかったそうです。
 その後、融資が通らないことが決定したため、契約を破棄したいとの旨を建築屋さんにお願いして、売主さんに報告して頂きました。 そしたら、『連絡もなしに今更契約破棄とはどうゆうことだ?手付金100万円と賠償金を請求する』といわれています。
 ど素人の私としては、建築屋さんに任せっぱなしといった不注意もありましたがこれはひどいと思います。 手付金100万円と賠償金は私が払わないといけないでしょうか?
【売買契約書にローン条項が記載されていますか。そして、その内容は? 違約した場合の取り扱いと違約金についての取り決めがありますか。 そしてそれらは重要事項説明書に記載があり且つ説明を受けましたか。 建築屋さんの役割は?宅地建物取引業免許を持つ不動産業者?その場合は契約書に署名捺印されていますか?そうでない場合、委任状はありま すか。 などなど売買契約書を詳細に検討、また建築屋の役割をはっきりさせること が必要です。
 いずれにせよ貴方の責任は重大です。不動産の購入は電化製品を購入するのとは違います。ど素人だからとか、不注意というだけではすまされない結果になります。もっと真剣に行動すべきです。】☆