不動産トラブルTOP売買契約書に関することTR115
■入居者のいる貸事務所付き住宅を購入したが

 1年前 中古住宅に「別棟貸事務所木造2F入居者あり付を不動産会社の仲介にて購入致しましたが事務所の入居者より退室の申し出があり敷金の清算依頼がありました。
購入以前にその入居者とは売り主が賃貸契約していましたので購入仲介者の不動産会社に連絡したところ売主と買主で解決するよう連絡在りましたので売主に連絡した所 事務所の賃貸契約書が無いから良く分からない等のらりくらりです。
 こう言う場合敷金は現在の家主である此方で弁償対処しなければ行けないのでしょうか教えてくださいお願い致します。
別棟貸事務所木造2Fは敷地内の別棟です
【まず売買契約書に於いて既入居者に対する権利と義務の継承にについての取り決めは定められていなかったのでしょうか。
そこには当然、既入居者から預かっている敷金の措置、および賃貸契約書の継承などについて記載されてなければなりません。
売買契約書や重要事項説明書にそれらの記載が無いとすれば不動産業者の重大な宅建業法違反です。
 まずは仲介の不動産業者に誠意をもって解決を図るよう依頼してください。不誠実な対応であった場合(売り主と買い主で解決しろというようなところですから)は都道府県庁には宅地建物業者を指導監督する部署がありますから、そちらでご相談されることをお奨めします。】
070306090121