不動産トラブルTOP媒介契約と仲介手数料に関することTR303
■仲介料は両方に必要?

 不動産会社「A社」が新聞折り込みちらしで広告している物件を、現在、住んでいるアパートの管理者の不動産会社「B社」に頼んで仲介してもらうことにしました。 仲介料は両社に支払わなくてはなりませんか?(今はまだ請求されてません)
【原則として両社に支払う必要はありません。 「B社」が第一義的にはあなたの仲介業者となり、「A社」に対する手数料等については「B社」と「A社」の間で取り決められます。たとえ両社の取り決めの結果、分割して支払う場合であってもあなたが支払う仲介手数料の合計額は国土交通省で定められた片方の手数料の限度額を超えてはならないことになっています。(但し、「A社」が売主から、片方の限度額と同額の手数料を受け取っている場合。)
例えば、2000万円の物件の場合3%+6万円=66万円(簡易計算法・消費税を除く)が不動産会社が売主または買主の片方から受け取ることができる最高額ですから、あなたがB社とA社に支払う額の合計額は66万円を越えてはいけないということです。
なお、電気製品などのようにどの店にいっても全く同一のものが売られているのと違って、不動産の場合は世界に一つしか無い物件ですから「A社」の広告物件は本来「A社」に依頼すべきで、「A社」からみたらお客さんとしては良い客ではありません。業者間の不信感や不正取引の誘因などを招きトラブルの原因になりやすいのでできるだけ避けて下さい。】