不動産トラブルTOP媒介契約と仲介手数料に関することTR307
■買手の都合で白紙撤回になったのに媒介手数料を要求された

 自己所有のマンションを売りに出したところ、ほどなく買い手が見つ かり売買契約を締結したが、一ヶ月後に、買主の理由から契約は白紙撤回となっ たので、受領していた手付け金も全額返還しました。
ところが不動産業者は支払い済みの媒介手数料を返還してくれないばかりか、 決済時に支払う予定の残金まで支払うよう請求されました。
契約が白紙撤回になったのだから、支払う義務は無いと思うのですが。
【「買主の理由」の説明が無く売買契約に停止条件がついていたのかどうか解りませんが、国土交通省告示により示された「標準媒介契約約款」でも報酬の受領時期について、成功報酬主義を明文化しており、 停止条件付きで成立したような場合には、その停止条件が成就するまでは、報酬の請求はできないこととなっています。たとえば、売買契約がローン不成立を解除条件として締結されており、ローン不成立が確定して売買契約が白紙にもどされたときには、すでに報酬を受領していれば遅滞なくその 全額を返還しなければなりません。
一般にその他の条件の場合でも国土交通省告示に準じて取り扱うのが通例で、云うまでもなく残金まで請求されることはありません。】