不動産トラブルTOP媒介契約と仲介手数料に関することTR308
■測量費や広告費等を請求された

 不動産業者と土地売却の専任媒介契約を結んだが買い手がつかず、6ヶ月後に契約切れとなりました。
ところが登記所の実測図があるにもかかわらず、 有効面積求積図を作成し、測量代及び広告募集費用の請求として128万円弱を請求してきましたが、これは妥当なものでしょうか?
こちらも不勉強なるがゆえお願いしたのかもしれないが、法的にはどうなので しょうか?また、成功報酬主義から言って、広告募集費用の請求はどこまで正当性があるのかご指導くださいますようお願い致します。
他の業者Aに言わせれば、買い手を探す段階でのこの測量の有用性は薄く、さらに料金的にも割高との話です。
【他の業者Aの言うとおりです。ただし、測量費用は面積(広いと高い)、形状(変形土地の場合、杭のポイントが多くなる)、状態(山林等では下草 刈り、立木の伐採等が含まれる)によって、費用は違ってきます。
 不動産業者が測量費、出張旅費、特別広告宣伝費等を取引の成立するしな いにかかわらず報酬としての媒介手数料以外に受領することは違法ではあ りません。 ただし、この場合は売主の了解を得ていることが必須条件です。 依頼したときは、後に依頼した、していないのトラブルを回避するために 媒介契約書に於いて「特約事項」として記載しておくことが必要です。 当店のホームページ「媒介契約書(売却用)」の「第10条 特別依頼 に係わる費用」 およびこのページの「田舎に所有する不動産の売却を頼んだら仲介手数料の他に35万円必要といわれ た」を参照してください。 媒介契約書の特約事項に記載されていない場合は、宅建業法違反の可能性 もありますから、都道府県庁の宅地建物取引業指導課(名称が違っても必ずありま す)でご相談されて下さい。(まずは県に相談してみる旨相手に伝えてみ て下さい。それだけで効果がある場合が・・・)】