不動産トラブルTOP重要事項の説明と物件調査に関することTR403
■購入した土地の出入り口(通路)は他人の土地

 数年前に不動産業者から手頃な値段だといわれて土地を購入した。使用 する目的も無かったので、なにもせずおいておいたところ、 最近になって出入り口にあたる所は他人の所有地でこの土地は袋地であることがわかった。
購入する時、業者はなにも教えてくれなかったし、今更どうしてよいのかわか らない。その不動産業者にペナルティを課したいのですが。
【この場合、一見、通路に見えたため調査不足から地役権に関する説明が不足していたものと思います。不動産業者は重要事項について書面を交付して、宅地建物取引主任者が説明をしなければ宅地建物取引業法に違反となり、 業務停止あるいは免許の取り消し対象になります。不動産業者 から購入するときは、必ず事前に重要事項説明書をもらって、説明を受けましょ う。
この場合、買い戻しを請求するか、不動産業者の責任で地役権をキチッと整理するかなど貴方の考えを業者に伝えるとともに、都道府県県庁の宅地建物指導課(名称は違っても不動産業者を監督指導するところが必ずあります) または、その仲介業者が所属する協会の相談窓口へ出向いてご相談され ることをお勧めします。】