不動産トラブルTOP重要事項の説明と物件調査に関することTR413
■ペット可能が実際はペット不可
 3年前マンションを中古物件で購入しました。新聞の折込チラシには、ペット可能とかかれていたので購入したのですが、実際はペット不可でした。今、管理組合から、出て行くか、ペット処分するか言われています。
こういった場合、何か対処するすべはありますでしょうか?
我が家が管理規約を読まずに契約してしまったったということで、泣き寝入りしなくてはならないのでしょうか??
【売主が嘘をついたのか、仲介業者が嘘をついたのか、調査不足なのかは解りませんが売買契約だけに限っていえば、虚偽の広告の可能性がありますから当然、契約の解除あるいは損害賠償等を請求することもできるでしょう。
しかし、貴方は折り込みチラシだけを信じて、まったく確認しなかったのでしょうか?それも3年間も。売買契約時に重要事項の説明は受けましたか、そのとき売主や仲介業者の対応はどうだったのでしょうか。貴方自身にも手間を惜しんだ責任があるのではありませんか。
 貴方に小学生の子供がいたとすれば学区の確認をするのではありませんか。ペットも家族の一員です。ペットをどうするかはそれらを踏まえて、ご自身で考えるしかないのでは。マンションは共同生活の場です。マンションの購入時には管理組合の規約は重要事項説明書と同じように重んじなければなりません。】

060810071205