不動産トラブルTOP不動産業者に関することTR608
■安い価格の不動産会社と契約したら高い価格を示した業者から脅かされている
 乙不動産(仲介)業者の3000万円台の物件広告を見て見学にいき、それはすでに売約済みといわれて4180万円の物件を紹介され見学しました。「4000万円台では多分買えませんので」と言って帰ってきました。
ところが後日、その4180万の物件が売主(甲業者)の新聞折込広告で3680万円で売りに出されていましたので甲業者と契約をしてしまったんです。
 その後、乙業者から「それは筋が違うんじゃないですか?」と執拗な嫌がらせめいた電話がくるようになりました。 乙業者は「こちらは広告費にだって何百万もかけているのに、最初にこちらが仲介していたのに」と言った内容です。 1ヵ月後に引っ越す予定ですが、「引っ越してきたらお宅にお伺わせてもらってちゃんと話をつけようじゃないか」とか「出るところへ出てもいいんだ」と言っています。 法的手段に出られても多分、私どもには非はないのではないかと思われますが、こんな気持ちでは晴れて新居に住むといった具合ではありません。 また、乙業者は甲業者に直接言っても相手にされないから、私たちに言ってくるのだとも言っていました。 このような事例、どのように思われますか? 乙業者から甲業者に乗り換えたのはやはりルール違反だったのでしょうか? どのように対処すれば良いのか、 すみませんが以上よろしくお願い致します。
【おっしゃる通りなら貴方に問題はありません。乙業者の商売が下手だっただけです。出るところへ出て困るのは乙業者の方です。 甲業者も相手にしていないということは、勝手に価格を上乗せして広告販売している可能性もあります。また、3000万円台の物件はおとり広告だったことも考えられます。いろいろと言ってくるのは 嫌がらせですから、無視することをお奨めしますが、あまり、しつこいようなら都道府県庁の宅建指導課へ相談にいって下さい。そのような悪質な業者には、「県庁に相談に行くので同席してください」と相手に告げるだけでも効果がある場合があります。】